ホーム > 相続

相続

相続に伴う売却

相続によって受けた不動産についてのご相談やお悩みの方はとても多いものです。しかしそれよりも多いのは将来、相続で不動産を残される事を検討している皆様からのご相談になります。不動産を所有されるお客様がお亡くなりになり、その後相続人の誰にどのような資産を残していくか?もしくは全く残さずにするのか?資産を残される皆様にとって、不安は尽きないものです。
東伸ホームでは、お客様によって多々異なるご事情を配慮させて頂き、時間を掛けながらお話しを聞かせてもらった上で、最適な計画をご提案いたします。

資産の中には負債もある場合もあります。お客様の【資産状況】をしっかり把握することが大切です。
相続の時に大切な資産を【どのようにしたいのか?】また、相続人が多数いる場合は【平等に残すのか?特定の相続人に多く残すのか?】【相続税が発生するのか?】、数多くのお聞きすべき内容があるため、どうしてもお時間が掛かります。しかしながら早めの相続対策をすることで、節税を模索するして被相続人の不安を少し和らげる事にも繋がります。お客様の大切な資産を、ご安心・納得いただけるご提案をお約束致します。
※事業承継についてのお悩みをお持ちのお客様は相談初期段階にてご相談下さい。
※将来的な相続対策についてもご相談賜わります。お気軽にご相談下さい。

相続前のご相談の流れ

些細なことでも構いませんので、具体的にお悩みをご相談ください。お客様が希望される「相続」、例えば相続人が何人もいて「みんな平等に配分したい」「娘は結婚資金や新築資金を出したから、息子に少し多めに配分したい」「自宅は長男、次男は現金や有価証券を渡したい」「子供がいないので、身の回りの世話をしてくれた姪っ子に全財産を渡したい」「恥ずかしい話、生前から相続人の間で争いがあるため、全額を障害者団体や慈善団体へ寄付したい」「生前の住宅資金贈与という形で、お金が必要な時に渡したい」など、多々あると思います。お客様周囲の環境をお伝えいただき、それに適した計画を当社でご提案いたします。

相続後のご相談の流れ

まず初めに、被相続人が残された「遺言書」があるか否かを確認します。遺言書による相続が決められていれば、被相続人の意向に沿った形で相続手続きを進めます。
また遺言書が無く、相続についてのしっかりと話し合いが必要な場合は、税理士・司法書士を交えながら法的な見解を踏まえてお話し合いをしていきます。始めに行う事は[遺産分割協議書]の作成です。
相続人の間で法定相続のお話し合いがまとまっていれば、それに従って遺産分割協議書を作成します。遺言書は残されていない場合は相続人間のお話し合いがまとまっていれば、同様に遺産分割協議書の作成に入ります。
よくあるのが「どのように分配したらよいか分からない」といったお客様ですが、ご安心ください。ご事情をお聞きしながら、ご提案申し上げます。

 
当然ですが、お客様を取り巻く環境は個々に異なります。例えば「現金は少ない。ただ受け継いでいる不動産がたくさん。」「ゴルフ会員権や有価証券を所有している」「時価いくらになるか不明だが、コレクションにしている絵画や骨董品が数多くある」「家族の思い出である別荘と船舶。さらに海外にも不動産がある」と様々です。相続対象となるような資産がどれだけあるのか?その時価評価がいくらくらいか?まずはお客様ご自身の現状を把握していただく必要があります。

被相続人が残された負債、資産状況を調査します。その中で生命保険や不動産、現金や有価証券はもちろんゴルフ会員権、絵画・骨董品などの正味の財産など現状のご確認いただきます。

まずはお客様のご相談内容を的確に把握し、次に資産の算査定をいたします。具体的な資産評価を終えた段階で、その結果を基に具体的な相続についてのお話を進めていきます。
例えば、下記のようなご相談があります。
相談内容:【不動産の評価額と相続税納税資金】
不動産を多く所有されている方々の多くの方に共通するのは、現金を不動産に変えることによって相続税評価額を目減りさせています。これは現金の評価を仮に100として、不動産へと形を変えるるとその評価を70まで目減りさせることが出来る、相続対策としては一般的な手法となります。但し、評価を下げるまではいいいのですが、あまり数を持ちすぎてしまいますと、基礎控除を超えてしまい、相続税を払うことが出来なくなってしまいます。このような事態に気付かれたお客様、不動産評価の査定をおこない初めて気付かれるお客さまも多いものです。
そのような時は、例えば将来的に処分しやすい=売りやすい不動産は残し、処分しにくい不動産から売却します。そして納税資金を確保する手段もあります。また、収益性の低くなったものから売却し、収益性の高い不動産を今後の年金代わりに残しておく、このようなお客様もいます。仮に物納という可能性をも視野に入れて更地をいくつか残しておくなど、お客様を取り巻く環境により、お話しする内容は千差万別となります。
特にここまでのお打ち合わせにしっかりと時間を割くと、皆様ホッとされた穏やかな表情になられます。

お客様よりご相談いただいた内容を踏まえ、調査した資産状況についてご報告いたします。資産調査の結果を基に具体的な相続についてのお話を進めていきます。相続は画一的に捉えることが出来ず、ご事情によって千差万別です。お客様に適したご提案を申し上げます。
例えば、下記のようなご相談があります。
相談内容:【相続税の算出と税納税資金の確保】
相続対策として、現金を不動産へ替えられていた被相続人。ところが基礎控除額を大きく上回っていました。そこで全ての不動産の[実勢売買金額]と[相続税評価額]を照らして併せていきます。
まず初めに相続税評価額を基に相続税額を算出していきます。具体的にどのくらい納税するのか?納税資金確保をする為に売却可能な不動産はお持ちか?物納は可能か?相続不動産を売却して益金を生み出す事は可能か?等々、多角的に捉え、お客様のメリットを探し出します。
東伸ホームでは特にこの部分のお打ち合わせが最重要と考えています。時には多くの時間を頂くことがあり、お客様に何度も足を運んでいただくような事すらあります。しかしながら、この点にしっかりと時間を割くと、皆様ホッとされた穏やかな表情でお帰りになられますので、ご安心ください。

アクセス

愛知県尾張旭市三郷町中井田35番地1
営業時間:9:00~19:00

詳しくはこちら