ホーム > 不動産売却

不動産売却

不動産の売却【仲介】を検討されるお客様へ

この度は、弊社の不動産売却専門サイトへのご来訪ありがとうございます。
さて、不動産のご売却を宅地建物取引業者にご依頼いただく場合、宅地建物取引業法第34条の2の規定に基づき、お客様と宅地建物取引業者との間で、国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく媒介契約を締結させていただく必要があります。
ここでは媒介契約締結からご契約、そしてお引渡しまでの流れをご説明させて頂きます。


不動産の売却の媒介契約とは、宅地建物取引業者が不動産を売却しようとする者又は売買の当事者の双方との間で締結する契約で、宅地建物取引業者が不動産売買契約の当事者の間に立って、売買契約の成立に向けてあっせんすることを内容とします。
なお、媒介契約には①専属専任媒介契約、②専任媒介契約、③一般媒介契約という3種類があり、お客様に選択して頂くことが可能です。
 

不動産の売却については、概ね次の手順で行われます。(媒介契約の内容によって異なる場合がありますのでご注意下さい)
なお、個人情報の取り扱いについては、こちらのページにてご説明いたします。

 
・お客様からご相談頂いた不動産について基礎的調査(役所調査、現地下見等)を行います。
・物件調査後、取引事例などに基づき売却予定不動産を査定させて頂き査定価格を提示致します。
・お客様から売却不動産の状況や権利関係について詳しく教えて頂くこともあります。


 
・価格等ご納得のうえご売却の意思が決定されましたら、宅地建物取引業者との間で媒介契約を締結していただきます。 (査定価格はあくまで査定価格の為、売り出す価格については売主様のお気持ちを優先させて頂きます。)
・お客様が宅地建物取引業者にご売却を依頼する証として、「媒介契約書」に記入押印して頂きます。媒介契約書には、媒介契約の種類、売却を依頼する金額、期間、仲介手数料の支払時期などが明記されます。

 
・広告やインターネット等に売却不動産を掲載して、購入相手を探索します。(但し広告はして欲しくない、内々に動いて欲しい等のご希望がございましたら、売主様のご希望に沿う活動をさせて頂きますので遠慮なくお申し出下さい。)
・国土交通大臣の定める宅地建物取引業者間のコンピュータネットワークである不動産指定流通機構に、売却不動産の情報を登録し、広く売却情報を発信します。
 
・購入検討客から購入希望の提示があれば、ご依頼主である売主様と連絡をとりながら、価格やその他の条件について相手側と折衝を行います。

 
・売主様と買主様との間で、価格やその他の条件に関して合意にいたれば、売買契約手続等を行います。
・売買契約の締結に先立ち、買主様に「重要事項説明書」を用いて重要事項説明 を行います。また売主様にも取引条件等をご確認いただくため、同じ重要事項をご説明いたします。
・売買契約締結に伴い「売買契約書」を作成し、宅地建物取引業者がその内容を売主様と買主様に対してご説明いたします。
・売主様は、買主様から売買契約時に契約の証拠金として手付金をお受取り頂きます。
 
・決済当日、売主様は買主様から残代金をお受け取り頂きます。
・売主様から買主様に対して、所有権移転登記等のために必要書類を交付し(司法書士が代理します)、また売却不動産が戸建やマンションの場合は玄関キーや建物に付随する資料等を お渡し頂きます。
・固定資産税・都市計画税の日割精算を行います。
・登記費用や仲介手数料、その他諸費用(測量をした場合は測量費等)をお支払い頂きます。
 

宅地建物取引業者の媒介により不動産の売買契約が成立した場合には、宅地建物取引業法が定める上限の範囲内で報酬を申し受けます。なお、媒介報酬額は媒介契約書にて定めます。
 

不動産を売却するに際して、下記のような手続きを、状況に応じて専門家や専門業者に依頼することがあり、媒介報酬とは別に費用が必要となります。
なお、当社にて専門家や専門業者を紹介することもできますのでご相談下さい。
 
仲介査定を依頼

不動産売却におけるチェックポイント

不動産売却

売買契約締結前に土地所有者様に確認させて頂く事項。
土地の場合、境界についてが重要な事項となります。
例えば、隣接地との間にブロック塀が設置されている場合、
それがどちらの土地所有者の所有物なのか?もしくは共有物であるのか?
その場合、覚書などの書類があるのか?など・・・。
次に購入される方がそこに安心して建物が建てられるよう
我々不動産業者が質問させて頂きますので教えて下さい。
当然土地所有者様が知っている範囲で構いません。

 





中古住宅買取り時の査定のポイントをお伝えします。
中古マンションも同様ですが、まずは

これらに気をつけながら査定調査をしおこないます。
また駐車場の台数やお庭の手入れの状況も確認いたします。
最後に大切なのがお隣との[境界“杭”]です。
双方共に越境(庇・樋・軒・コンクリートブロック・上下水道管又はガス管)が無いかも確認します。





中古マンション買取り時の査定のポイントをお伝えします。

が重要なポイントとなります。

これらに気をつけながら現地調査をしていきます。
また上下階及び隣戸の騒音の確認もおこないます。
集合住宅特有の騒音やペットの問題点が大きい場合、買取りが出来ない事もあります。
ご了承ください。

中古マンション・アパートの不動産買取り

賃貸マンション・アパートを所有している【オーナー】様の多くは悩みを抱えています。

  • 建物が古くなり、今後、多額の修繕費用が必要となる
  • 賃貸アパートの供給過剰により、入居率が悪く採算がとれない
  • 建て替えをしたいが、古くからの入居者を立ち退かせる事が出来ない

今後必要となる「大規模修繕の支出」や「立ち退きの出来ない資産の相続」を考えますと、少しでも早い段階で処分されるべきお客様が増えています。特に古くからの賃貸借契約になりますと、余程の正当事由がなければ退去のお話しをすすめることが出来ないのです。このお話しばかりはお一人で悩まれていても 解決できません。どのようなご相談内容でも構いません。まずはご相談いただき、少しでもお悩みが解決できるように一緒に考えていきましょう。

アクセス

愛知県尾張旭市三郷町中井田35番地1
営業時間:9:00~19:00

詳しくはこちら